薄桜鬼

☆☆☆薄桜鬼☆☆☆

  幕末、文久三年から物語は始まる。 主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。 ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。 そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。 新選組隊士達の間で起こる出来事と、自身の出生を巡る秘密と交わる新撰組の隠された秘密。 幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。 新選組奇譚

新商品特別価格

    There are no products matching the selection.