神々の悪戯

☆☆☆神々の悪戯☆☆☆

  神話の世界において、一つの問題が起きていた。それは「神々の中に、人間嫌いの問題児がいるらしい」ということ。これを重く見たゼウスら神々の代表は人間を真似て「箱庭」と呼ばれる学校を作り、希薄がちだった「神と人間のつながり」をもう一度認識してもらうことにした。学校には日本神話・ギリシア神話・エジプト神話など様々な神話に登場する神に交じって、ただ一人の人間の女の子が在籍していた。彼女の名は結衣。ゼウスによって神々に「人間とは、そして愛とは」を教える目的で召還されたのであった。ゼウスは神々の力を封じた上で「就学期間の1年以内に、神々が人間について理解することができなければ、結衣も含めて全員が箱庭に閉じ込められることになる」と言う。

新商品特別価格